見えないクッション

 容器内にドライアイスを入れて中にシャボン玉を吹いてみます。すると、シャボン玉は下まで落ちていかずに宙に浮きます。ドライアイスが溶けて重い気体の二酸化炭素ができ、クッションの役割をしてシャボン玉は底まで落ちないのです。